天白区「ゴールデンデイズフィットネス」ダイエットにお酒って?!

天白区「ゴールデンデイズフィットネス」ダイエットにお酒って?!

天白区「ゴールデンデイズフィットネス」ダイエットにお酒って?! 1080 720 株式会社ゴールデンデイズ

「結論から先に言うとダイエットはお酒×ではありません」

そろそろ年末年始、断りにくいお酒の付き合いが増える季節になりました。この季節どうお酒と向き合ったら良いのか。お酒を飲んだら太るなどと言われることもありますが飲み方次第では太りません。私が毎日お酒を飲みながらダイエットを成功させましたから。但し、お酒の種類やお供の摘みなどには特に注意が必要です。お酒の性質や与える影響を把握するのとしないのでは大きく異なるので、まずはお酒についての理解を深めていきましょう。
(混成酒)
醸造酒や蒸留酒に、果実、香料、砂糖、薬草、などを加えて別物として再製したアルコールを混成酒と言います。果実酒、梅酒、みりん、リキュールなどがこれに当たります。
(醸造酒)
果実や穀物を発酵させて作るアルコールです。米から作られる日本酒、麦から作られるビール、ブドウから作られるワインの3つが有名で三大醸造酒です。
(蒸留酒)
醸造酒にもうひと手間かけてアルコール度数を上げたものが蒸留酒です。ジン・ウォッカ・テキーラ・ラムを4大蒸留酒(=4大スピリッツ)と呼びます。
アルコール飲料は製法によっていくつかの種類がありますが、中でも一般的に混成酒は「糖分」が付加されている分、カロリーが高めといわれています。一方で、蒸留酒のように糖質を含まないお酒は醸造酒よりも太りにくいとされています。蒸留酒のカロリーがアルコールのカロリーだけなのに対して、ビールや日本酒などの醸造酒には原料である麦や米のカロリーが含まれているため、栄養価もありカロリーは蒸留酒より高くなっています。飲む種類を選んで頂く事が大切になります。

お酒で噂のエンプティーカロリーとは

栄養価のほとんどのないカロリーのことを言います。エンプティ・カロリーという言葉,聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。逆に言えば栄養はエンプティだけどカロリーだけはある。という意味です。
アルコール飲料に含まれるのはエンプティ・カロリーなのでいくら飲んでも太らない!という,酒好きにはたまらなく都合のいいウワサもありますがアルコールは1g7キロカロリー。アルコール自体は結構な高カロリーです。蛋白質が1g4キロカロリーなのでいかに高カロリーかが分かりますよね。アルコールは体内に入ると比較的早いうちに熱に変換されたり体外に排出されたりして、体に蓄積することはほとんどありません。

bridgesward / Pixabay

以前はアルコールは太るという認識が広がっていたことから、ダイエットにおいてもアルコールはNGと思っている人が多い傾向にあったが、近年ではアルコールが太るという認識に疑問を持つ人が増え始めた。
これはアルコールのカロリーが空っぽのカロリーであり、直接的な肥満の原因にはならないとされたためである。昨今では摂取量を抑えればダイエット中の飲酒も可能であるとされ、過剰な飲酒でない限り、脂肪増加に繋がる可能性は薄いと考えられています。

太る原因は高カロリーなおつまみ

アルコールによって体重の増加が見られるとしたら、飲酒時に食べる食事に原因があると考えられる。アルコールは、油っぽい食事や味の濃い食事などと相性が良いため、飲酒時に食べる食事はカロリーが高くなりがちになる。長時間料理を食べ過ぎることでカロリーは一気に高くなるため、できるだけカロリーを抑えた食事を心がける必要があります。そして、お酒のおつまみが太りやすい原因として、前述の「アルコールを優先的に消費する」という点でしす。アルコールの消費を優先させて「アルコール以外のカロリー」の消費は後回しにされてしまうため、消費し切れなかった栄養は脂肪として身体に残ってしまうのである。ゴールデンデイズフィットネスではダイエットに食事のアドバイスもさせて頂いております。お気軽にご相談ください。